はじめまして

突然喘息がひどくなり、アトピーまで発症してしまった私。
マクロビオティックでアレルギー完治を目指すにあたり、困ったのは情報取得。
どうすれば治るのか、マクロビオティックとは何なのか、わからないことだらけ。
だから同じような人に自分が調べた情報を提供できたらと思って
始めたのがこのブログです。
(一人で頑張るのが寂しかったのもある・・・)

同じような悩みを持っている人も持っていない人も、どうかよろしくお願いします。

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

陳クリニック

2006.07.23(18:34)
昨日、漢方薬について話したから、
今日は気になっている漢方の病院について。

実はアトピーになったばかりで泣きそうだったころ
ネットでいろいろ調べていて、
ひとつ気になる病院を見つけた。

それが陳クリニック

西宮市にある漢方のクリニックで
内科なんだけど、アトピー専門っぽい病院である。
この病院はアトピーと上手に付き合っていく事を目指すのではなく、
目指すのはあくまでも完治。
しかもステロイドやプロトピックを使わず漢方薬で。

で、何が気になるかというと、
アトピーが治った患者さんの声がビデオつきで掲載されていること。
なかなかそんなの病院のサイトにはのってないでしょ?
しかもアトピーの卒業式の風景ってことでのってるの。
アトピーが本当に完治した場合に卒業式が行われるらしい。
すごくない?
たくさんの人のメッセージがのせられてた。
みんなアトピーだったとはわからないキレイな顔。
そして笑顔。
こんなにたくさんの人が治ったんだ!しかも完治。


正直、すごく興味を持って、行こうかどうしようか大分迷った。
このクリニックを見つけて、ページを全て読んで
「アトピーって治るんだ!」って初めて希望が持てたんだ。
まだ食事療法なんて知らなかったころだったし。

で、迷ったんだけどとりあえずやめた。
何でかというと、すっごい厳しそうだから。
例えば、通院は予約して行くんだけど、
一度でも無断で行かなかった場合は2度と見ませんとか
無断で治療を中断してしまったら2度と見ませんとか。
あと、始めるときにもかなり先生と話をして、
本当に治す気があるのかを確認して、この段階で10人に5人は
治療をやめるとか。
お風呂は1日3回入れとか。

もちろん、先生が悪い人というわけではない。
それだけ先生も真剣に治療に取り組んでいるかららしいんだけど。
だって、年に何回か海外に漢方の勉強とかに行ってるらしいよ。
漢方薬も錠剤とか粉のとかじゃなくて
ちゃんとお茶を煮出して飲むやつみたいだし。
あと、面と向かって言いにくいことはメールで本心を教えてください
って書いてあって、そこの1文にこんなことが書いてあった。

貴方が抱えている気持ちをずっとそのままにしておいては、アトピーも悪くなってしまいます。私は、貴方にそんな思いをさせるつもりは、まったくないし、そうなっていたら私にできることをしなければなりません。メールを介して私のできることをきちんとやりたいと考えています。
それが、夜遅くとも、休診中であろうと、また海外で研究中であろうとできるだけ返信して対応します。メールは、私と貴方の距離を無くします。


ね、よさそうな先生でしょ。
きっと優しくて責任感が強くて、だからこそ厳しいんだろうね。
本当に治したい、完治させたいと思うから。


だから陳クリニックで治らなかった場合は
私が師と仰ぐ、近畿圏で一番有名な皮膚科医を紹介させていただきます」だって。

迷って迷って、すごく行きたかったんだけど
仕事を行きながらは無理かなという判断で
でも、いつか仕事を続けられないぐらいアトピーがひどくなって
仕事をやめることがあれば絶対ここに行こうと思って。
それまでは、漢方は手助け程度で、自分で食事療法で仕事をしながらがんばってみようって。

結局まだ行ってはないけど、
この病院の存在は私の精神安定剤になってる。
最悪になったらこの病院がまだあるって。
それからずっと忘れず心に残ってる。

陳クリニックに行ったことあるひとっているだろうか?
いたらぜひどうだったか教えてほしい。
それから今、漢方の病院を探してる人はぜひ参考にしてみてね。
仕事をしてない人だったら通えそうだし。
たとえ行かなくても私みたいに精神安定剤にしたりとかね(笑)


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
陳クリニック

住所:兵庫県西宮市与古道町2-18
電話:0798-37-6100
診療時間:水曜~金曜(13:00~19:00)、土曜(12時~18時)
     日曜(10:00~16:00)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

人気ブログランキング

ランキングもよろしく~♪





スポンサーサイト

虎谷診療所

2006.05.24(20:00)
おすすめ度:★★★★

さて、私はまた雑誌から病院を探した。
今度は漢方に絞ってみた。

というのも、アレルギーについてちょっと分かりかけてきたから。
アレルギーってどうも治すのが難しいみたい。
病院に行っても完治というより、薬で抑えるだけみたい。

確かに、私は小さい頃小児喘息でずっと病院に通っていたけど
発作を予防したり、抑えたりするだけで
根本治療ではなかった気がする。
まあ小児喘息だったからそのうち出なくなったけど。

で、調べた結果やっぱり完治には体質改善しかないみたい。
ということで手っ取り早く、とりあえず漢方へ。

そこで選んだのが今度は虎谷診療所
ここは今も通ってる。
まだ2ヶ月目ぐらいだけど。

とりあえず先生が話しやすい。
大阪のお母さんといった感じ(笑)
でも今の私にはそれが救い。
その代わり待ち時間が長い・・・(^^;
午前診は予約で、午後からが予約なしでいけるんだけど
予約なしで行くと1時間以上は待たされる。

この病院に来るまでは
私は喘息の薬としては、夜寝る時に呼吸がしんどくなるので
寝る前に発作止め(サルタノール)を飲んでいた。
後はしんどくなったらまたサルタノール。
だいたい1日1回~2回。

でも心臓に負担がかかるので止められてしまった。
代わりにセレベンとインタール(吸入)をしている。
ほんとはインタールじゃなくて病院ではステロイド(吸入)を
薦めているらしいんだけど、私はどうしてもステロイドが嫌で・・・。

他にも漢方を2つ。
(1日4つも薬を飲んでいるのだ・・・)

今はこんな感じで落ち着いている。

病院に行きだして最初の1週間は余計荒れたこともあった。
それでも病院を変えずにすんだのは、
やっぱり先生とちゃんと話が出来るから。
なかなか合う薬を探すというのは難しい。
何度か薬を変えてもらって今の状態に落ち着く。

肌の状態は結構落ち着いているし
喘息も発作止めを飲まなくても寝られるようにはなっている。

とはいっても、もちろん根本的な治療が出来ているわけではないし
薬を飲まなかったらすぐに発作が出てしまうのでまだまだである。

先生はステロイドは肯定というわけではないけど
全く否定という立場でもないらしい。
でも私は気が進まなければ、必ず代わりのものを用意してくれるし
とにかく薬をたくさん処方しようという感じではなく、
自分が家で持っている薬があればそれで代用できるように考えてくれる。

薬も出来るだけ強いものを使わないように考えてくれたり
漢方も今の状態を毎回見てくれて(舌とかで)
その都度合うものを出してくれる。

流れ的にはとりあえずまずは発作やかゆみを抑えてから
徐々に薬を減らしていって、最終的には使わなくてもいいように、
ということらしいが、前も書いたがこの徐々に薬を減らすというのが
ちょっと疑問ではある。

だって薬でどうにか抑えているのに、
減らしたらまた出るだろ~って思っちゃう。
平行して飲んでいる漢方が効き出したりとかするのかなあ。

まあ、私的にはとりあえずでも症状を抑えつつ
食生活を玄米菜食にして完治を目指すので
病院で根本的治療が出来なくても別にいいかなと思ってるし
先生がとても気に入っているし
とりあえず普通に会社に来れているので
当分はここに通おうかなと思っている。

ほんとはもう一つ気になっている病院はあるんだけど。
そこは最後の手段にとってあるんだ(笑)


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
虎谷診療所

大阪市中央区今橋1-7-5 朝田ビル4階
06-6228-1307
水曜、土曜午後、日曜休診
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

人気ブログランキング(グレー)

病院貧乏に愛の手を…(笑)

さとう皮膚科クリニック

2006.05.24(15:03)
おすすめ度:★★★★★

アレルギーと分かって、
まず最初にやったのが病院探し。

アレルギーと診断してくれた近所のお医者さんは
とりあえずという感じだったので、
まずは本格的に病院探し。

ちょうど雑誌にクリニック特集みたいのがあって
その中から、家から近くて信頼できそうで
完治しそうなところ(根拠はない・・・)として選んだのが
さとう皮膚科クリニック

雑誌には女性の先生がのっていて
「出来ることは何でもします」
みたいなことが書いてあった。
漢方も使用しますと書いていて
ちょっと漢方にも興味があった私は
ここに決めた。

で、当日予約を取って行ってみたが
きれいな病院で、受付の女性もみんな若くて
肌もきれい。(←これ、やっぱり気にしちゃう(^^;)

雑誌で紹介されたせいか、患者さんもかなり多い。

順番がきて診察が始まる。

雑誌に載っていた女性の先生だったんだけど
印象としてはとにかく早口。
こっちの話を聞いてくれているのかどうか
よくわからないぐらい、診察時間も短い。
(おかげで待ち時間はそんなに長くないが・・・)

当時の私は、アトピーが発覚したばかりで
とにかく不安だった。
治す方法もわからないし、悲しいし
どうしていいかわからないし。
きっと頼れる人にちゃんと話を聞いて欲しかったんだと思う。

だから余計先生の雰囲気が気になったのかも。

あと、私はステロイドはとにかく使いたくなかったんだけど
先生はステロイドは肯定派。
といってももちろん短期でということだったけど
私はこの「短期で」というのが信用できない。
だってステロイドって使っている間はいいんだけど
使わなくなったらすぐ悪くなるのに
どうやってステロイドから足を洗うのか・・・。

過去にもステロイドを知らずに1年使ってひどいことになった
経験のある私は特にステロイドには拒否反応が。

とはいうものの、
とにかく会社に行ける状態にはしなくてはいけないので
言われたとおり、ステロイドを使ってみる。

でも、びくびくしながら使っているせいか
すぐに効果が出なくなって、逆に顔がかゆくなってしまった。

どうしてもステロイドに納得できず、
さらに短い診療時間で先生とのコミュニケーションも図れず
薬に対する不信感も強くなり、
2~3回通っただけでやめてしまった。

とはいうものの
今から思えば、アレルギーの患者さんがたくさん行っていた事もあり
アレルギーに対する知識は結構あったんだろうなあと思う。
先生自身がアトピーらしいし、それだけつらさや改善策、
うまく付き合っていく方法も知っていたのかもしれない。
だって、今行っている病院の先生は知らないこととかもよく知っていたし、
何がアレルギーに悪いのかもいろいろ教えてくれた。

それによると、私がスポーツクラブに行くと調子が
悪くなっていたのは汗が原因らしい・・・。

汗で肌荒れ・・・?

知らなかった。アトピーってそうなんだ。

じゃあ夏はどうやって過ごしたらよいのだろう。
っていうかホットヨガとか岩盤浴とか行けないの?
普通、そういうのって肌に良いことでは・・・?

まあ汗はせておき、
本当はちゃんと通えばよくなったかもしれないが
もっとちゃんと話をしてお互い納得して治療していきたかったので、
私は病院を変えた。
(ごめんね。先生。m(。-_-。)mス・スイマセーン)

そして次に行ったのが漢方メインのアレルギー科もある病院だった・・・
つづく。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
さとう皮膚科クリニック

大阪市中央区南船場3-9-1 GOSHO心斎橋ビル6F(1F 理髪店)
06-6244-4112
水曜午前、土曜午後、日祝休診
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


人気ブログランキング

病院探しって大変ですね・・

| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。