はじめまして

突然喘息がひどくなり、アトピーまで発症してしまった私。
マクロビオティックでアレルギー完治を目指すにあたり、困ったのは情報取得。
どうすれば治るのか、マクロビオティックとは何なのか、わからないことだらけ。
だから同じような人に自分が調べた情報を提供できたらと思って
始めたのがこのブログです。
(一人で頑張るのが寂しかったのもある・・・)

同じような悩みを持っている人も持っていない人も、どうかよろしくお願いします。

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

黄連解毒湯

2006.08.17(23:35)
最近、ずっと飲んでいた薬を1つ減らしている。

今の病院に行きだして、結構早い時期からずっと飲んでいるのが
「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」。

カプセルに入っている漢方で
薬の働きとしては
のぼせ気味で、いらいら感のある人に用い、高血圧、動悸、不眠症、鼻出血、かゆみ、胃炎などの症状を改善します。
というものらしい。

簡単にいうと、私の場合は顔の赤みを抑えるために飲んでるんだけど
これが私には結構合っていたみたいで、
最初の頃、病院に行くと先生はこの「黄連解毒湯」と「梔子柏皮湯(ししはくひとう)」を
交代ぐらいで出してくれてたんだけど
どうも梔子柏皮湯は私には合わないみたいで、
黄連解毒湯を飲むと赤みがおさまるのに
梔子柏皮湯に変えると悪化してた。

ちなみに効果自体は似てるみたいで
梔子柏皮湯も赤みを押える薬のようで
アトピー治療には一般的なのか
今まで行ったほかの漢方薬の皮膚科ではいつもこれを出されていた。
おかげで家にはいまだにたくさんあまってるの・・・(^^;)

黄連解毒湯のほうが自分に合っていることが何となく分かってからは、
ずっと黄連解毒湯にしてもらってて
1日2回、1回2カプセルをずっと飲んできた。

ほんとに相性が良かったのか、早い段階から赤みがマシになったのは
黄連解毒湯のおかげだと思っている。

でも、最近は赤みはずいぶん良くなったので
黄連解毒湯を少しずつ減らしていこうと決めた。
先生にも、調子の良いときは1カプセルでいいよ~って言われてるし。
少しずつ薬は減らしていかないとね!

それにしても、漢方薬ってすごくはやってるみたい。
昨日も夜のニュースでやってた。
あんまり真剣に見てなかったから詳しくは知らないけど
最近いろんな所で漢方薬がブームになってきてるみたいな話。

私もアトピーになるまでは漢方薬とかあんまり信じてなかったんだけど
最近は漢方薬の力に結構感謝している。
とは言っても、やはり漢方薬だけに頼ってはいけないなと思うし
漢方薬はあくまでも、自分の体が頑張っていくための手助けと思ってるんだ。

体はきっと頑張ってるから、少しは外から助けてあげようかなあ。。。
という感じかな♪

さて、今日から仕事も始まり、普通の生活に戻った。
初日はやっぱりしんどかったけど
規則正しい生活&食生活で、がんばって完治を目指さなくては!!

次の3ヶ月で、今度はどこまで治るのか、楽しみに頑張ろうと思う!

人気ブログランキング

ランキングもよろしく~♪



スポンサーサイト

漢方薬

2006.07.22(19:43)
今日は2週間に1度の病院DAY。
相変わらず予約をしているにもかかわらず1時間待たされる・・・。
もう慣れたけど(^^;)

漢方の病院なんだけど
先生はいつも私の手を握って(何かわらるらしい)
今日は調子がいいね~、とか悪いね~って言われる。
それから舌を見て、お腹に手を当てたりする。

今日の調子はまずまずらしい。
まあ、確かにアトピー状態としてはまずまず。
喘息は先週はちょっと悪かったんだけど
今週に入ってから落ち着いてきた。

2週間前に行った時は胃腸が弱ってるって言われたけど
今週はかなり改善して、ストレスも減っているらしい。
ストレスについては自分では良くわかんないんだけど。

この2週間、確かにアトピーの方の状態は落ち着いていた。
実はここ最近、調子の良い理由を考えていたんだけど、もしかして薬を変えたせい?
実は前回から薬を先生が変えたんだけど、今までは炎症に効くとか赤みが引くとか外側に対しての薬だったんだけど
前回は胃腸に良いという
「オースギ半夏厚朴湯エキス」と「太虎堂の小柴胡湯エキス」を
混ぜたものを出してくれた。

半夏厚朴湯は
のどから胸もとにかけて、ふさがるような感じがして、動悸、めまい、嘔吐などを伴う人に用い、気分を楽にしたり、神経性胃炎、つわり、咳などの症状を改善します
というものらしい。
で、小柴胡湯は
吐き気、食欲不振、胃炎、胃腸虚弱、疲労感及びかぜの後期の症状を改善します。また、慢性肝炎における肝機能障害を改善します。
というもの。

実は飲みながらずっと思ってたんだけど、
アトピーって胃腸と関連が深いっていうのはもうみんなが知っていることで、
だとしたら、外側に働きかけるよりも、直接胃腸に働きかけるのも効果ありなんじゃないのかなあって。

実際わたしはこの2週間たいして悪くなることもなく
(劇的に良くなったわけではないけど)
もちろん、食事に気を使っているせいもあるんだろうけど
仕事を休むこともなく、何となく良い状態だった。

アトピーに対する効果は実際どうなんだろうと思って
さっきネットでも調べてみたんだけど
アトピー治療には普通は使ってなさそう。
そんな情報は出てこなかった。

でも結局、少食にしたり、よく噛んだり、無農薬野菜を食べたり
無添加のものを食べたりっていうのは
胃腸になるべく負担をかけないようにするためで
そういう意味ではこの漢方薬も、とても理にかなってるのかなと思うんだけど?
どうなんだろう?
まあ少なくても私には合っているようだ。

もちろん漢方薬なので劇的に効果が分かるようなものではないが。

とりあえず、先生もアトピーの状態が良くなってるって言ってくれたし
当分この薬で様子を見ていくことになった。

また2週間後に経過は報告しま~す!


人気ブログランキング

病気で頑張っている人たちのランキングです♪

| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。